モテるには、機械系のトラブルを助けてあげるといい?

モテるには、機械系のトラブルを助けてあげるといい?

パソコンなどの機械関係のトラブルを直してあげることで、女性と親しくなることができたなんてことが結構あるようです。
社内恋愛が芽生えるきっかけに、パソコンなどのトラブルを直してあげたこと、というのが意外に上位ランクにあるのです。
たとえば、突然フリーズしてしまい、それまでのデータが消えてしまったのを復活させてあげたとか。
メモリの増設をしてあげたとか、ネットワークをつないであげたなど。
多くの男性諸氏にとっては他愛もないことでも、女性にとってはとっても大変だったりするのです。
一般に男性は、空間認知や理論に強く、機械の操作に長けています。
それだけでなく、なぜ動くのかという仕組みを知りたがります。
しかし、女性は、機械に弱く、操作はできるものの、なぜ動くのかの理解に乏しい傾向があります。
そのため、女性ができない機械の操作やトラブルの解消をらくらくとやれば、女性から(すごい人!)と思われるのは当然です。
パソコンだけでなく、AV機器などもそうです。
配線などをさっとやってしまう男性に、胸がときめく女性も少なくはないでしょう。
しかし、ここで注意しなくてはならないのが、パソコンや機械などのうんちくを長々と述べないこと。
はっきり言って、機械のうんちく話に興味のある女性などほとんどいません。
興味のない話をいくらされても面白くはないのです。
一見真剣に聞いているように見えても、直してもらった手前、聞いているようなふりをしているだけです。
男性諸君、この辺、女性にだまされないようにしましょう。

得意になって長々と話している男性のことを、本当はうざいと思っているのですから。